東京都日本歯科大学校友会会則

東京都日本歯科大学校友会会則

第1条 本会は東京都日本歯科大学校友会という。

第2条 本会は日本歯科大学校友会と連携を密にし、会員相互の親睦を図り権利を保護し併わせて歯学の向上と母校の発展に寄与し、歯科界に貢献することを目的とする。

第3条 本会会員は日本歯科医学専門学校、及び日本歯科大学の卒業生、または縁故ある歯科医師で、かつ東京都に診療所または住所を有し、支部に所属する歯科医師であることを要すする。

第4条 本会の会員は、第一種会員、第二種会員、終身会員及び名誉会員とする。
2.第一種会員、第二種会員、終身会員に関する規定は別に定める。   
3.名誉会員は、本会における功労者にして、総会で推薦された者とする。

第5条 本会に入会しようとする者は所定の用紙に所用事項を記入して入会金、会費、負担金をそえ支部を経て申し込むものとする。

第6条 本会の事務所は東京都千代田区富士見1丁目7番6号飯田橋ニュー東和ビル3Fに置く。

第6条 本会に次の役員を置く。
      会 長   1名 
      監 事   2名
      副会長  若干名
      理 事  若干名

第8条 役員は総会に於て選挙する。但し出席者過半数以上の同意を得たときは投票を省略することができる。

第9条 会長は会務を統理し副会長は会長を補佐し理事は会務を処理する。

第10条 監事は会計を監査する。

第11条 本会は顧問を置くことができる。
     2.顧問は会長が委嘱する。
     3.顧問の任期は委嘱した会長の在任期間とする。
   
第12条 本会は都内各地区に支部を置く。

第13条 各支部は支部長を1名会員中から選出し本会に通知するものとする。

第14条 各支部長は次の事項を10日以内に本会に通知するものとする。
1.事務所の所在地並びに移動
2.役員の氏名、会員名並びに異動
3.会則、議決並びに施行した事項

第15条 役員の任期は2年とする。但し再任をさまたげない。

第16条 役員に補欠を生じ、会長が補欠を必要と認めたときは役員会の議を経て補充することができる。

第17条 本会は必要に応じ委員を委嘱することができる。

第18条 会 議
1.総  会 毎年1回開催する。
2.臨時総会 役員の決議又は会員の5分の1以上の請求があった場合に開催する。
3.役 員 会 会長が随時招集する。
4.支部長会 会長が必要に応じ招集する。
5.委 員 会 会長が必要に応じ招集する。

第19条 本会の経費は、会費、寄附金並びにその他の収入を以て充てる。

第20条 入会金、会費、負担金の額は総会の議決により決定する。 会員は本会所定の会費を負担するものとする。但し名誉会員はこの限りではない。

第21条 本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第22条 会員で入会後35年以上経過し、75歳以上に達した者は会費の納入を免除することができる。

第23条 前22条の適用を受けようとする者は所属支部を経由し所定の用紙を用いて、支部長の意見書を添えて申請するものとする。

第24条 前23条の申請の届出を受けたときは役員会の議を経て決定する。

第25条 本会に共済制度を置き、その規則は別に定める。

第26条 本会の会則の変更は総会に於いて出席会員の半数以上の同意を得るものとする。

第27条 以上の各条項以外は日本歯科大学校友会会則に準拠する。

附則 この会則は、昭和54年6月1日から施行する。
附則 この会則は、平成元年6月1日から施行する。
附則 この会則は、平成8年6月1日から施行する。
附則 この会則は、平成16年6月1日から施行する。  
附則 この会則は、平成23年6月1日から施行する。    
附則 この会則は、平成27年6月1日から施行する。    
附則 この会則は、平成28年4月1日から施行する。


東京都千代田区富士見1−7−6
飯田橋ニュー東和ビル3F
TEL 03(3261)0454
FAX 03(3261)0486
都校友会メインページに戻る 会則メニューに戻る