学内校友会

講演会抄録(学内校友会より) 

  「免疫カをつける生活」きれい社会の落とし穴
〜アトピーからがんまで〜

                                   人間総合科学大学教授
                                 東京医科歯科大学名誉教授
                                    藤田紘ー郎

 アレルギー病とは、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などIgE抗体が関与する疾病群をいいます。 このアレルギー病が最近急に増えて参りました。たとえば10才以下の 子どもでは約40%がアトピー性皮膚炎ですし、花粉症には日本人の5人に1人が罹って います。

  しかし、この病気は35年前こはなかった病気です。アレルギー病は回虫や細薗、ウイル スなどの微生物とつきあっていると発症しにくくなることを私たちほ研究で明らかに致し ました。これらの徴生物を排除した「キレイ社会」がアレルギー病の発症を促進している と思うのです。

  アレルギー反応は免疫機構のうちTh2が関与し、癌はTh1が開与することがわかってい ます。「キレイ社会」はTh1も弱めて、癌が発生しやすい環境にしているのです。それでは 免疫力を強め、癌にかからないようにするにはどのようなことが考えられるのでしょうか。
 
 その鍵は腸内細菌叢がにぎっていることがわかりました。腸内細菌叢のパランスよい環 境がT細胞を刺激し、キラー細胞を出現きせたり、Th1を増殖させ、癌の発生を抑えてい ることがわかったのです。腸内細菌叢のバランスを保つためにはまず食事です。野菜、穀 類、豆類、果物などの植物性の食品を中心とした「手作り」の食事が大切です。細菌類を 殺してしまうような防腐剤入りの食品や抗生物質や殺薗剤の混入した食品をとらないこと が必要なのです。そして、笑うことや自然に触れることも重要です。
 この講演では、アレルギーや癌に関わる免疫カと長寿社会の生活環境との関連について 語してみたいと思います。

《参考文献》
「笑うカイチュウ」(講談社文庫)出版科学文化賞受賞
「原始人健康学−家畜化した日本人ヘの提言−」(新潮選書)
「清潔はビョーキだ」(朝目文庫)
「ばっちいもの健康学」(廣済堂出版)
「子どもの『免疫カ』を高める方法」(PHP出版)
「病気に強い人、弱い人」(幻冬舎)



お問い合わせ
生命歯学部・事業部  総合診療課4・石田 鉄光

都校友会メインページに戻る